ボトックス注射

ボトックス注射とは?

ボトックス®注射とは、「A型ボツリヌストキシン(天然のタンパク質)」を含有する薬剤を緊張している筋肉に注入することで、その筋肉をリラックスさせ、しわを軽減する治療です。表情を作るときにできる「表情じわ」は本来は一時的なものですが、加齢などに伴って深く刻まれてしまいます。ボトックス®注射は表情じわの原因となる表情筋の収縮(緊張)を和らげて、眉間の縦じわや額の横じわ、目尻のしわなどを目立たなくします。個人差はありますが、通常3〜4ヶ月ほど効果が持続します。原因となるしわを作っている顔の筋肉の部位に直接ボトックスが作用することにより、自然にしわを目立たなくします。患者様のお悩み、ご予算をお伺いし、治療部位をご提案させていただきます。
※ ボツリヌス菌を注射するわけではありませんので、ボツリヌス菌に感染するといった危険性はありません。

こんな方におすすめ

・額の横じわ、眉間の縦じわ気になる方
・目元の横じわが笑ったときに気になる
・あごの梅干しじわを改善したい
・えらが張っているのを改善したい
・寝ているときの歯ぎしりや食いしばりがひどい

ボトックス注射のメリット

深い表情じわを改善するのはボトックス注射が有効です。表情じわは無意識のうちに“くせ”になっているので、なかなか自分では改善したり、深くなってしまったしわを消したりすことはできませんが、ボトックス注射をすると、常にその表情の“くせ”が出ていても筋肉が収縮できないので、次第に深いしわは消えていきます。

また、施術時間が短く手軽に受けられること、注射による効果が即効性であること、副作用が少ないこと、また、効果には限りがあるので、効き過ぎても元に戻る安心感があることなども、美容医療初心者の方にも気軽に受けていただきやすい点として挙げられます。

ボトックス注射の効果

「目元」「眉間」「額」の表情ジワにはボトックス®が有効です。
ボトックス®注射は、目元・眉間・額・鼻根・あごなどに出来る表情じわを改善します。しわを作る表情筋にボトックス®を注射することで、筋肉の過剰な動きを抑えることができ、しわを軽減します。定期的に治療を継続することにより、将来的に刻まれていく表情じわを予防することができます。

ガミースマイル

笑った時に上唇が上がり、歯茎の大部分が見えてしまう状態です。上唇を動かす筋肉(上唇挙筋)にボトックス®を注射することで過剰な収縮力を抑制し、歯茎を見えにくくします。

フェイスライン、頬の引き締め、毛穴の引き締め、首のすじ・しわ改善

ボトックス®は、筋肉に直接注射して筋肉の動きを抑えますが、筋肉よりも浅い層に広範囲に注入する「マイクロボトックス®」という方法もあります。筋肉の動きを残しつつ、筋肉の表面線維のみの働きを弱めることで、より自然な表情を保ちながらしわを改善し、滑らかではりのあるお肌へ導く治療方法です。自然な表情を保ちながらしわを改善したい、顔全体のはり感、ひきしめ感が欲しい方へおすすめしています。

メッドセルのボトックス注射の特徴

初めてボトックス注射をする場合には、少なめの量から開始します。ボトックスの効果には個人差があり、同じ量でも効き過ぎる方とあまり効果がない方がおられますので、メッドセルクリニック大阪では初回の注射の量は少なめにして、2週間後に再診させていただき、その際に効果が不十分であれば、追加のボトックス注射を無料で行っています。この方法を取っている限りは、表情がなくなってしまったと眉が下がった、目つきがきつくなったなどのボトックスが効き過ぎていることによる副作用を起こすことはありません。一旦、その方の最適量と最適部位がわかればカルテに記載して、2回目以降はその通りに注入していきますのでご安心ください。

厚生労働省に承認された薬剤を使用
メッドセルクリニック大阪ではアラガン社の「ボトックスビスタ®」を使用しています。アラガン社は米国で20年以上の臨床実績があり、世界で広く使用されています。日本では唯一、厚生労働省が承認したボツリヌス治療製剤です。日本の基準での有用性・安全性が評価され、厳しく品質管理されています。なお「ボトックスビスタ®」は、アラガン社から認定を受けた医師のみが施術を行うことが可能です。

ボトックス注射の危険性

針を刺すことによる副作用とボトックスそのものによる副作用があります。痛みに関しても、針を刺すときのチクッとした感じがあります。注射部位は都度、冷やしながら行いますので、痛みは軽減されます。注入中は重い感じがする程度です。どうしても痛みに弱い方は、表面麻酔のご用意がありますのでご安心ください。
また、注射に伴う副作用としては、内出血がまれに起こることがあります。メッドセルクリニック大阪では極細針を使用しますので、内出血が出現したとしても数ミリ程度、ファンデーションで隠すことが可能です。ほとんどの方は2週間以内に消失します。

ボトックスの副作用としては、効き過ぎることによる問題がほとんどです。ボトックスの効果は数か月でなくなりますので、効き過ぎの場合もいずれは元に戻ります。ボトックスが原因で何らかの後遺症が残ったり、危険な状態にさらされたりすることはありません。効き過ぎることで一番注意しなくてはならないのは、表情が不自然になることです。また、おでこの筋肉は目を開くのを助ける作用もあるため、額のしわはなくなったが、目が小さくなった、まぶたが重いといった変化を自覚する方もいます。逆に、えらの筋肉に効き過ぎて嚙めないといったことまでは起こりません。効き過ぎの問題はあくまで表情筋においてのみ起こります。

施術の流れ

STEP
医師によるカウンセリング

しわなどの気になる部位をカウンセリングにてお伺いし、ボトックスの注射部位と量を決定します。

STEP
ボトックス注射

痛みの軽減のために注射部位は保冷剤で冷却し、そのごボトックス注射を行います。

STEP
2週間後再診、無料リタッチ

2週間後に再診していただきます。ボトックスの効果は最大2週間で現れますが、効果が不十分と感じる様であれば2週間以内であれば無料で追加投与が可能です。

費用について

 項 目料 金 
ボトックス目尻/眉間/額/顎など「1部位」※リタッチは2週間は無料  ¥43,780
                「2部位」※リタッチは2週間は無料 ¥82,500
                「3部位」※リタッチは2週間は無料  ¥118,800
ボトックス注射 えら(両側) ¥88,000

       ※料金は税込です。

ボトックス注射に関するよくあるご質問