フェミニンケア外来

フェミニンケア外来とは?

フェミニンケアとは女性にとって大切な部位である膣周り(会陰、膣、肛門回り)のデリケートゾーンケアのことです。日本では産前・産後のフェミニンケアはまだまだないがしろにされていますが、欧米では常識となっています。
デリケートゾーンは体の中で一番乾燥しやすい部分です。 膣周りは粘膜で覆われ、粘液で潤っているのが健康な状態ですが、 膣は加齢とともに乾燥しやすく、硬くなり、膣壁も薄くなる傾向にあります。デリケートゾーンをしっかりとケアしないと、「清潔に保てなくなる」「粘膜の乾燥が進行して弾力がなくなる」「不妊症や更年期障害にも深く関わってくる」「尿漏れがひどくなる」などの影響が出ます。
メッドセルクリニック大阪では、幹細胞上清液を使った、非常に効果の高いフェミニンケア外来を実施しています。

Contents

こんな方におすすめ

・身体やお肌の衰えを感じている
・更年期障害でお悩みの方(例えば、ホットフラッシュ、不眠、尿漏れなど)
・いつまでも美しく、女性らしく生きたい
・性交痛がある方
・膣内の不快症状、月経痛やPMS(月経前症候群)でお悩みの方
・妊活中の方、婚活中の方

フェミニンケアのメリット

女性には年齢に応じた悩みがさまざまありますが、そのいずれにも効果が出るのがフェミニンケアのメリットです。
メッドセルクリニック大阪では、まず3回連続したケアを体験していただき、その後もホームケアの継続と、定期的なクリニックでのケアをおすすめしています。助産師が行うセラピーは、『ちつのトリセツ』を監修された、たつのゆりこ先生が考案されたホリスティックフェミニンケアセラピーです。

骨トントンオイルセラピーは、骨を優しく刺激し、骨を刺激することでオステオカルシンという若返りホルモンの分泌を促し、骨芽細胞が刺激されることにより骨も強くなります。骨の周りの筋肉や神経、血管の緊張がほぐれ、血流も良くなります。デリケートゾーンのオイルケアを行うと、デリケートゾーンの血流が良くなり、神経の緊張が取れてリラックスしていきます。アーユルヴェーダのセラピーで、シロダーラ―という脳をリラックスするセラピーがありますが、その骨盤底バージョンです。骨盤底は、脊髄で脳と繋がっているため、全身がリラックスするのです。

フェミニンケアの効果

メッドセルクリニック大阪のフェミニンケアは、上記のセラピーにプラスして幹細胞上清液を使用しているため、美容と健康の両方に大変効果が高いものとなっています。
デリケートゾーンからの経皮吸収率は、腕からの吸収に比べて42倍にも上りますので、膣壁の細胞を元気にするだけではなく、膣の粘膜から吸収されて全身に行き渡り、肌の若返りに貢献するなど、さまざまな女性特有のお悩み改善効果を実感していただけます。

メッドセルのフェミニンケアの特徴

メッドセルクリニック大阪のフェミニンケアの特徴は、最先端の再生医療と伝統的な経絡オイルケアを融合させた、日本で唯一の幹細胞上清液を使った施術です。初回は院長(女性医師)がカウンセリングをさせていただき、その後さらに、関西ナンバーワンフェミニンケアセラピストである助産師が、時間をかけてカウンセリングを行います。臍帯由来の幹細胞上清液を膣に直接投与して、その後、骨トントンオイルセラピー、デリケートゾーンのスペシャルオイルケアを行い、さらにはホームケアの指導まで含まれるという、盛りだくさんの内容になっています。

幹細胞上清液について
フェミニンケアに使用するのは、幹細胞を培養した培養液から細胞成分を取り除き、液体部分だけを抽出した培養上清液です。培養上清液は、損傷した組織の修復や、組織自体を保護する機能も持っています。この上清液の特徴を利用して、薄くなった膣壁の細胞を再生させることで、デリケートゾーンのお悩みに応える新しい治療法です。メッドセルクリニック大阪で使用するのは、幹細胞上清液の中でも、最もサイトカインが多く含まれている臍帯由来の幹細胞上清液です。

膣内投与について
ごく細いカテーテルを膣の中に入れて、ダイレクトに幹細胞上清液を投与します。
そうすることで、膣壁から直接上清液が吸収されます。痛みはありません。

フェミニンケアの副作用

上清液の副作用はほとんど認められませんが、まれにアレルギー症状や、発疹、気分不良、頭痛、低血糖症状などが起こることがあります。これまでの経験では重篤な副作用は認めていません。

施術の流れ

STEP
医師による問診、フェミニンケア専門看護師カウンセリング

院長が初回の問診を行い、フェミニンケアが適当かどうかを判断します。その後フェミニンケア担当の助産師がしっかりと時間をかけたカウンセリングを行い、デリケートゾーンのお悩みやご希望をお伺いします。

STEP
投与&マッサージ

臍帯由来の幹細胞上清液を極細のカテーテルを使って、膣内に投与します。その後助産師によるスペシャルオイルを使った、骨オイルトントンケアで骨に振動を与えて身体の緊張を緩め、骨の新陳代謝を促進します。また、人肌に温めたオイルをデリケートゾーンに流す、ヨーニ・ダーラを行います。

STEP
ホームケア指導

デリケートゾーン専用のクリニックオリジナルのオイルを使ったご自分でできる、ホームケアを助産師が指導します。このオイルはセサミオイルをベースにCBDを配合し、女性性を高める作用のある、アロマオイル数種をブレンドした、香りも使い心地も最上級のオイルです。

STEP
フェミニンケア次回のご予約

フェミニンケアは効果を感じていただくために、できれば3回、2週~4週ごとに受けていただく事をおすすめしています。生理の週を避けた木曜日をご予約ください。

費用について

 項 目料 金 
幹細胞上清液デリケートゾーンケア 3回パック¥140,800

※料金は税込です。                      

フェミニンケアに関するよくあるご質問

Contents
閉じる