自己脂肪由来幹細胞療法

自己脂肪由来幹細胞療法とは?

幹細胞は、全身のすべての組織を作るもととなる細胞です。自分自身のコピーを作ると同時に、必要に応じてさまざまな細胞へと変化することもできます。この幹細胞を人工的に作製し、全能性幹細胞と同じ機能をもつ細胞として「ES細胞」と「iPS細胞」が良く知られていますが、現在はまだは民間の医療機関での使用はできません。現時点で治療に使える幹細胞は、組織幹細胞(Multipotent Stem Cell)と言われる幹細胞です。骨髄、臍帯血、脂肪組織、歯髄などの中には「間葉系幹細胞」と呼ばれる幹細胞が存在し、医療への応用が進んでいます。自己脂肪由来幹細胞はこの組織幹細胞の代表です。これら幹細胞は、体の中で損傷した部分を補修し、新しい細胞を増やす「種」になることのできる細胞です(iPS細胞やES細胞も、同じ「種」としての力を持っています)。この力から、再生医療は将来的に失った臓器、組織を修復することができるのではないかという期待が持たれています。

脂肪由来幹細胞療法
Contents

こんな方におすすめ

・アトピー性皮膚炎を改善したい
・幹細胞治療で肌の若返りを希望される方
・身体の中からアンチエイジングしたい
・従来の標準的な治療では改善が乏しい方

自己脂肪由来幹細胞療法のメリット

施術の様子

幹細胞の中でも脂肪組織の中に存在する幹細胞は採取が比較的簡単で、含まれる幹細胞の量も多いことから、移植などに多用されています。また、炎症に関連する細胞をコントロールする物質が出され、炎症を調整する働き(抗炎症作用)があること、血管を新たに作る機能を促す働き(血管新生)があることも認められています。移植した細胞がこれらの働きをすることにより、さまざまな病気に効果が出るのではないかと期待されています。

自己脂肪由来の幹細胞は、文字通り自分自身の細胞であるため、拒絶反応などの副作用がないことも優位な点です。患者さまにはまず、標準的な治療を行うことをおすすめしますが、なんらかの事情により標準的な治療を行うことができない場合や、併用することで標準的な治療の効果が増強することが期待できる場合には、検討できる治療です。

自己脂肪由来幹細胞療法の効果

脂肪組織の中にある間葉系幹細胞は、新しい細胞をつくり、傷ついた細胞を修復することができる細胞です。幹細胞は加齢とともに減少し、老化現象や病気として現れます。この減ってしまったご自身の幹細胞を補うことで、身体全体や皮膚の若返りが期待できます。 脂肪幹細胞は脂肪だけではなく、必要に応じて身体のさまざまな細胞に変化することができます。幹細胞は血管の中を移動し、傷ついた部位を自ら探して修復、再生のために集まる傾向があります。これは“ホーミング効果”と呼ばれています。例えば美容においては、肌細胞の数を増やし、肌細胞を活性化させることで、しわ、たるみの改善やアンチエイジング効果が期待できます。また、幹細胞から分泌される様々な因子は、免疫を適切な状態に調整し、アトピー性皮膚炎などからくる痒みや発赤、乾燥等の症状を改善させる効果も期待できます。

自己脂肪由来幹細胞療法の安全性

自己脂肪由来幹細胞治療は、ご自身の脂肪組織から取り出される細胞のため、アレルギー反応などの心配がありません。皮下脂肪の採取は小指大のごく少量ですので、体への負担はほとんどありません。国内では、心不全の患者様に対する冠動脈への投与や、肝硬変の患者様に対する肝動脈への投与が行われ、いずれも細胞が原因となる重篤な有害事象は報告されていません。また、心筋、尿道周囲、乳房など様々な部位に脂肪組織由来幹細胞群の投与が行われておりますが、これまで重篤な有害事象の報告はありません。

メッドセルの自己脂肪由来幹細胞療法の特徴

脂肪由来幹細胞治療では、脂肪から幹細胞を分離して、たくさん増やしてから点滴や注射で投与しますが、この幹細胞を培養した際に、上清液という上澄みができます。上清液にはサイトカインという細胞を活性化する因子が多数含まれています。通常、上清液療法は他人の幹細胞を培養したものを使用しますが、メッドセルクリニック大阪では幹細胞治療と同時に、患者様ご自身の上清液を作製でき、その後-80℃で凍結保存が可能です。このため、幹細胞治療が終わった後に、健康維持やアンチエイジング目的で上清液の点滴をしたり、美容目的でお顔に上清液を注射することが可能です。
幹細胞治療を受けていただく方は午前1名、午後1名と1日に2名までとし、他の患者様とお顔を合わせることがないように配慮しています。また、お一人にかける時間をしっかり確保し、ゆったりとした時間の中で、特別な施術をリラックスした環境で受けていただけるように、おもてなしに力をいれています。

来院時には事前におうかがいした、お好きなアロマオイルの香りでお迎えし、お好みのお飲み物をお出しします。お顔に幹細胞を直接打つ場合には施術用のお着替えをしていただき、しっかりと痛みを軽減するために麻酔クリームを塗布します。肌細胞をお顔に戻す施術中には、痛みの軽減のために、ライセンスをもったアロマテラピストによるアロママッサージを両腕、足の裏などご希望に添ってさせていただきます。
幹細胞点滴の場合は、2時間程度点滴にかかりますが、座り心地の良いリクライニングソファにリラックスした体勢で座っていただきます。その間に水素を吸入したり、点滴室にある大画面のモニターでお好きな映画やYou Tubeをご覧いただくことも可能です。もちろん、点滴の間、ゆっくりお休みになられてもかまいません。治療が終わったあとにはお好きなお飲み物、季節のフルーツや美味しいお菓子を召し上がっていただき、ほっと一息ついていただきます。最後まで皆様お一人お一人に満足して過ごしていただけるよう、院長はじめスタッフ一同務めています。

  • メッドセルクリニック大阪は、厚生労働省の認可を受けた再生医療専門クリニックですので、安全性は保たれています。

自己脂肪由来幹細胞療法のデメリット

脂肪由来幹細胞治療では、採取したご自身の細胞を静脈内投与(点滴)しますので、可能性として肺へ向かう血管を詰まらせる肺塞栓と言う病態が起こってしまうリスクがあります。細胞自体は大変小さい細胞群ですが、細胞が塊になってしまうと肺塞栓のリスクが高まりますので、このリスクを回避するため、投与する点滴用のチューブには細胞の塊を除外するフィルターを設置します。それを設置することと投与のスピードを厳守することでリスクを極めて低く抑えることが可能です。また、腹部からの脂肪組織の採取後は、まれに傷跡の盛り上がり、傷口からの出血、採取部の内出血、内出血後の腹部皮膚の色素沈着、創部の疼痛・腫脹(はれ)などを引き起こすことがあります。発生した場合には、メッドセルクリニック大阪にすぐにご相談ください。適切に対処し、ほとんどの場合が追加処置なく軽快します。また、ごく稀に発生し得る重篤な合併症、副作用は、術後感染症、出血による貧血、キシロカイン麻酔によるアナフィラキシー反応(※冷汗・吐気・腹痛・呼吸困難・血圧低下など)ですが、万一、このような症状が発生した場合には、メッドセルクリニック大阪または連携医療機関で早急に対処いたします。

施術の流れ

STEP
医師によるカウンセリング&血液検査
カウンセリング

自己脂肪由来幹細胞再生医療について医師がしっかりとご説明させていただいた後、症状やお悩み、ご希望をお聞きして診断します。その後、自己脂肪由来幹細胞治療を受けるための血液検査を行います。

STEP
皮膚採取/細胞培養
脂肪採取/幹細胞培養

血液検査に異常がなければ、お腹もしくは太ももから脂肪組織を少量採取します。 局所麻酔を使用するため痛みはありませんし、出血もほとんどしません。傷口も小さいので、1~2週間程度で傷はきれいに治ります。この時、同時に細胞培養用の採血も行います。

提携している細胞培養施設で、採取した脂肪組織から幹細胞を抽出し、約1ヶ月かけて約2億個に増やします。また、複数回治療を希望される方は必要な分の細胞を冷凍保存しておきます。そのため毎回脂肪をお取りする必要はありません。

STEP
投 与
皮下投与

お顔や頭皮への皮下投与の場合

[1回目] 増やした自己脂肪由来の幹細胞をご自身の顔全体または必要な部位に、極細の針や水光注射で複数回に分け均等にゆっくり戻します。痛みを予防するために麻酔クリームを塗ってから行います。
[2回目以降] 初回投与後から1〜2ヶ月後、1回目と同じ量を同じ部位に幹細胞を戻します。

点滴

点滴の場合

[1回目] 自己脂肪由来の幹細胞を100mlの生理食塩水に添加し、60分以上かけて点滴で体の中に戻します。
[2回目以降] お肌や身体の状態を見て1〜2ヶ月後に再度同じ量の幹細胞を点滴します。

STEP
無料検診&定期的なケア

幹細胞を体の中に戻してから、定期的に無料検診を行い、医師が経過についてご説明いたします。来院できない場合はお電話等でお肌や身体の具合をお伺いいたします。 2回目以降の日程は、個々の肌の状態やご希望についてご相談しながら決めていきます。

費用について

※料金・詳細については、当院までお問い合わせください。

自己脂肪由来幹細胞療法に関するよくあるご質問

Contents
閉じる