エイジングケア再生医療

エイジングケア 再生医療

こんなお悩みありませんか?

・肌も身体も若返りたい
・顔や首のたるみ、しわを改善したい
・手の甲のしわやたるみが気になる
・アトピー性皮膚炎の治療に再生医療を試したい
・免疫力を高めたい
・副作用のない安全なアンチエイジングをしたい
・他人に気づかれない美容医療を受けたい
・髪の毛が薄くなってきたのが気になる

再生医療とは

再生医療とは病気、けが、加齢などで傷ついてしまった身体や細胞の機能を、自分自身の幹細胞を用いて、修復、再生する医療です。いわゆる薬や手術などの対症療法と違い、組織そのものを補う治療です。
再生医療等を受ける患者さんの安全性を確保するため、「再生医療等の安全性の確保等に関する法律」が2014年11月に施行されました。この法律の対象となる治療は、適切な手続きの下、特定認定再生医療等委員会という認定を受けた機関において、治療の科学的妥当性・安全性・倫理性などについて客観的な審議を受けます。審議の結果、本治療の提供が妥当であると判断された場合、本治療を厚生労働省に届け出るとともに、特定認定再生医療等委員会により医学・薬学・倫理的側面・安全性等について継続的に検討が行われます。

当院の再生医療の特徴は、内面と外見の両方の若返りを目的としており、第2種再生医療である①線維芽細胞肌再生療法と②自己脂肪組織由来幹細胞療法、そして第3種再生医療である③NK細胞による免疫細胞療法を行っています。また、幹細胞上清点滴療法や局所注射療法も、内面からの若返りが期待できる治療の一つとして、当院で行っております。

再生医療は、厚生労働省に承認された特定認定再生医療等倫理委員会にて、その治療の安全性はもとより、倫理的社会的妥当性も含めて厳しく審査され、承認を受けた医療施設でのみ提供が許される治療法です。当院は厚生労働省より第2種再生医療および第3種再生医療等提供機関として許可を受け、提供計画番号を取得した医療施設です。

幹細胞とは?

再生医療のイメージ図

【幹細胞;Stem Cell】
幹細胞という名前の由来は「細胞をつくる際に幹(みき)になる細胞」です。自己複製能、つまり自分自身のコピーを作る能力と、分化能という必要に応じてさまざまな細胞へと変化することができる能力を有する細胞のことを指し、細胞の発生や身体の組織の再生などができる細胞であると考えられています。精子と卵子が結合してできる受精卵のように、全身のすべての組織を作り、1つの命をつくり出すことができる細胞です。幹細胞には、その由来や能力などから、幾つかの分類がされており、主に胚性幹細胞(ES細胞)、成体幹細胞、iPS細胞などが挙げられます。

【胚性幹細胞;Embryonic Stem Cell (ES細胞)】
胚性幹細胞(ES細胞)は、ほぼすべての組織(細胞)への分化能を有する万能細胞と考えられていますが、受精卵を壊して作るために、倫理的な問題があります。また受精卵を起源とするためにまったく同じ遺伝子情報を持つ人はいないため、ES細胞を身体に戻す際には、必ず拒絶反応が起こるという問題があります。

【iPS細胞;induced Pluripotent Stem Cell】
iPS細胞は、2006年に京都大学の山中伸弥教授らにより世界で初めて作製された細胞で、マウス線維芽細胞にウイルスベクターを用いて4つの因子(Oct3/4, Flk1, Sox2, c-Myc)の遺伝子を導入することで、人工的に作られた多能性の幹細胞のことです。2007年にはヒトの細胞を用いたiPS細胞の作製にも成功し、細胞の若返りの可能性とともに、再生医療への応用など多くの分野で注目を浴びています。ES細胞の倫理的問題を解決したiPS細胞は、受精卵からではなく、皮膚組織や血液から作られます。ただし、現在はまだこのiPS細胞は民間での使用ができません。

【組織幹細胞;Tissue Stem Cell】
組織幹細胞は、身体の中にすでに存在する幹細胞です。特に骨髄、臍帯血、脂肪組織、歯髄などの中には「間葉系幹細胞=MSC」と呼ばれる幹細胞が存在し、医療への応用が進んでいます。MSCは、骨髄、臍帯、臍帯血(さい帯血)や脂肪といった様々な組織から採取され、抗炎症効果、増殖因子の分泌、血管新生促進作用といった組織修復効果に重要な生物活性を有することが報告されています。これらの幹細胞は体の中で損傷した部分を補修し、新しい細胞を増やすことができる細胞です。再生医療は、将来的には失った臓器や組織を修復することができるのではないかという期待が持たれています。自分の幹細胞を治療に用いることができることから、倫理的な問題や拒絶反応の心配がなく、現在、多くの病院やクリニックで再生医療に用いられています。

肌の再生医療について

ご自身の耳の後ろの皮膚を少量採取して、国に認可された細胞加工施設において皮膚からとった線維芽細胞を大量に増やした後、皮内注射でご自身の肌へ戻すという最新のお肌の若返り治療です。
線維芽細胞とは、皮膚の真皮の構成成分でコラーゲンやエラスチンなどを産生する細胞です。線維芽細胞が加齢に伴い減少することでコラーゲンやエラスチンなどの産生も低下し、肌のハリや弾力性の低下を起こします。肌に注入した線維芽細胞はコラーゲンなどの肌の成分を産生し、肌を再生しますので、しわ、たるみが改善し、肌そのものが自然に若々しくなることが期待できます。

エイジングケアの再生医療について

人の老化とは、身体の細胞が老化して細胞や組織の再生が間に合わなくなることです。逆に言うと、細胞を老化させなければ、加齢による様々な不調は起こりにくくなります。そのためには身体に点在する幹細胞を増やして活性化させ、再生能力を維持する必要があります。
自己脂肪由来幹細胞治療は、ご自分の脂肪から取り出した幹細胞をたくさん増やし、再び点滴で身体に戻すことで、傷ついた臓器を修復します。肌や頭皮に直接注入することで、皮膚の若返りや毛髪の増加などのエイジングケア効果が期待できます。

エイジングケア、肌再生医療のイメージ

再生医療メニュー

再生医療のよくあるご質問